HOME>アーカイブ>自力で行える経営で利益高を目指すことも可能

空き家を使った経営の形

駐車場

駐車場経営(ビジネス)を行う場合、必ず役所に届出が必要になるわけではありません。駐車場スペースの総面積が500平方メートルに満たない駐車場や、特定の人だけを対象とする月極駐車場経営では、届出は不要です。どのような形で駐車場経営を行っていくのかについては、経験、資金力、人脈などの諸事情を総合的に考慮して決めるものです。一切合財自力で行う場合は、収益は自分のものですがリスクも自分で負います。これに対して例えば、フランチャイズチェーンへの加盟なら一定率の委託手数料を支払う必要があり、収益性は低くなりますが、その分リスクを抑えることができます。提携する場合、経営時期、目的とする収益などは明確にしておくことも必要だといいます。ですが、基礎・豆知識として駐車場経営では、駐車場法を知っておいた方がよいでしょう。都市における自動車の駐車に必要な施設の設備に関して必要事項を定めています。

知識や届出が不要

駐車場

現実的には、多くの空き家が駐車場経営向けに更地になっています。小規模であることも多く、都道府県知事等への届出が要らない場合が多いために、一般職の人も経営に乗り気になっています。空き家問題で損をしたくない、そうした目的が先にありますが、空き家を解体した後の更地を賃貸した際、借主が建物を建てて利用するほうが多いようです。しかし、駐車場として利用する駐車場経営は、賃貸人によって魅力的だと言われています。土地の有効活用に最適なのが駐車場経営ですが、形態も選び放題で、青空式駐車場であれば手間がかかりませんし、安定した収入も見込めます。ちなみに、運営・管理について専門会社に委託すれば、管理に関する知識や労力を必要としません。ようするに、マンション経営で必要になる借地借家法などの専門知識が原則として不要なのは、一般職での活用方法として有りがたいのではないでしょうか。

広告募集中